司法書士の過去問題と勉強

人気の高い司法書士スクール

↓↓講義DVDが資料請求でもらえる↓↓
 

★少数・個別指導の東京司法書士学院★

司法書士試験のおすすめ勉強法

司法書士試験は国家試験の中でも難易度が高く
初心者がゼロから合格を目指すにはかなりの時間がかかります。

司法書士試験では、民法や商法、刑法など11の法律から
択一式と記述式でたくさんの問題が出題されます。


対象となる範囲が広いので、効率よく勉強をしていかないと
なかなか短期での合格は難しかったりします。

このサイトでは、テキストの選び方、暗記の方法、
過去問題を使うタイミング、予備校と独学による違いなど


司法書士の合格を目指す受験生に役立つような内容をまとめてみました。

ぜひお時間がある時にでもご覧いただければと思います。

当サイトおすすめの記事!

⇒ 『司法書士試験の合格率について』
⇒ 『択一は慣れで正答率が上がる』
⇒ 『オススメの司法書士テキスト』

当サイトの構成

司法書士試験の基礎


司法書士試験の合格率の比較や筆記と口述試験の特徴
合格者の学習期間の目安など、基本的なデータについて。

  • 司法書士試験とは
  • 司法書士試験の構成
  • 司法書士試験の合格率について
  • 筆記試験の特徴
  • 口述試験の特徴
  • 合格までにかかる期間
  • 司法書士の独学について

司法書士の勉強法


効果的な暗記の仕方や会社法など法律のスムーズな覚え方
過去問題を活用する理想的なタイミングなどについて。

  • 実践的な暗記の仕方
  • 人間の記憶メカニズムを利用する
  • 無駄な時間を使わない勉強法
  • 過去問を使うタイミング
  • 基本書と問題集の使い方
  • 択一はテクで正答率が上がる

過去問題や参考書


基本書や問題集、六法などテキストの選び方や使い方
難解なテキストをマスターするためのコツなどについて。

  • オススメの司法書士テキスト
  • テキスト選びのポイント
  • テキストを使うときのポイント
  • 難解な法律を使いこなすには
  • 3度目で解ければ問題ない

独学の勉強と予備校


予備校の解説のメリットや独学に必要な能力など
予備校通いと独学での勉強の違いについて。

  • 独学と予備校通いの違い
  • 独学に必要な能力
  • 予備校に通って得られるもの
  • 予備校に通うべき人
  • おすすめの参考教材

関連ワード2
人気ショッピング/
↓↓資料請求で講義DVDを無料贈呈中↓↓
 

★司法書士受験生に高い支持を誇る予備校★